東京議会議員は都市を暗号通貨の大国に変えたい

東京議会議員は都市を暗号通貨の大国に変えたい

東京の市議会議員は、日本の首都を暗号通貨を利用した金融ハブに変えるという野心的な計画について話しました。暗号通貨を採用することで、ロンドンや香港と同等の都市にすることができると主張しました。

現在3期目を務める東京都議会議員の伊藤優氏は、ファインダーズ(Yahoo Japan経由)と話して、現在の東京都知事である小池百合子氏の計画を発表し、市の国際的な財政状態。

しかし伊藤氏は、急進的な行動を取らない限り、東京をロンドンやマカオや香港などのアジアの金融ハブと同じような地位に引き上げることは意味のない偉業ではないと主張した。

彼は、暗号関連ビジネスが東京に優位性を与える可能性があると述べたが、日本のビットコイン(BTC)の円に対する所有率が過去3年間で大幅に低下したことを考えると、これは容易ではないと付け加えた。議員は、高税率が投資家を市場から遠ざけることを恐れている可能性が高いと主張した。

しかし、1600年代にさかのぼる歴史的な魚市場である築地市場の再開発案などの動きが役割を果たす可能性があると彼は主張した。巨大な市場は現在閉鎖されており、今年の夏に開催される東京オリンピックの輸送拠点として使用される予定です。しかし、サイトを所有する市は、今後20年間で、市場をホテルやコンベンションセンターを備えたハイテク複合施設に再開発する計画を発表しました。

そして、議員は、暗号がここで役割を果たすことができ、「暗号通貨の取引センター」になる可能性があると説明しました。

伊藤氏はまた、「政治家は金融政策とBTC課税に関連する問題に取り組む必要がある」と主張し、人々が免税環境でビットコインを使用できる「東京の特別ゾーン」を作成することを提案しました。

このような採用計画で動きの速い都市は、ハイテク競争に「勝つ」だろうと彼は付け加えた。

伊藤氏がこの種のプロジェクトに参加するように仲間の議員を説得するのであれば、登る山がありますが、少なくとも1人の同盟国がすでに現れています。同じアウトレットと話して、議員の入江信子は、ブロックチェーンを利用したソリューションが短期的にも長期的にも役立つ可能性があることに同意しました。

彼女は、この技術を使用してコロナウイルスのパンデミック関連の経済援助をより効果的に配布できると主張し、東京は非代替トークン(NFT)アートワークを取引できるスペースを開発する必要があると提案しました。

彼女は、暗号通貨とブロックチェーンが政治家にユニークな機会を提供したと付け加え、東京都議会が「主導権を握る」ならば、東京は世界の舞台で前面に出る可能性があると付け加えた。

伊藤氏は、ブロックチェーン技術は日本の首都の「富を生み出す」ための「成長戦略として」使用されるべきだと付け加えた。

一方、日本の1,000人の暗号愛好家を対象としたCoin Postが実施した調査によると、ほとんどの回答者が2021年にブレイクアウトすると考えているトークンはBTCであり、投票のほぼ68%を占めています。ビットコインに続いてイーサリアム(ETH)が12.7%、NEMのXEMが7%でした。

プレスリリースで、マスコミは、回答者の90%がすでに暗号を所有していると主張し、60%が2015年から2017年の期間に取引を開始したと述べ、6%が暗号資産に184,000米ドル以上を投資したと述べました。

Thank you for rating.
コメントを返信 返信をキャンセル
お名前を入力してください!
正しいメールアドレスを入力してください!
コメントを入力してください!
g-recaptchaフィールドは必須です!

コメントを残す

お名前を入力してください!
正しいメールアドレスを入力してください!
コメントを入力してください!
g-recaptchaフィールドは必須です!